新着お気に入り人気の花名称不明の花
詳細検索
カテゴリー
春の草花(3月〜5月)
  ●野原・公園など  ●川辺・湿地など  ●海辺  ●山地

データ 33 - 48 (全132件)
<<前の16件| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 次の16件>>
[4630]登録No. spr-615 (2003/5/19)
カントウタンポポ (関東蒲公英)
[お気に入り追加][変更]
キク科。関東から中部地方に分布する日本原産のタンポポ。特長は顎の部分が反り返っていないこと.

[4982]登録No. spr-610 (2003/5/19)
タチツボスミレ(立坪菫)
[お気に入り追加][変更]
スミレ科。日本全国に分布し、最も普通に見られるスミレ。葉はハート形で、花は通常薄紫色だが変種も多い。

[2746]登録No. spr-609 (2003/5/19)
ヤブタビラコ(藪田平子)
[お気に入り追加][変更]
キク科。日本全国、朝鮮、中国に分布し、林の縁や田んぼのあぜ道などに生える2年草。直径8ミリ程度の黄色い花をつける。

[7116]登録No. spr-603 (2003/5/12)
キランソウ (金瘡小草)
[お気に入り追加][変更]
シソ科。北海道を除く全国に分布し、道端や日当たりのよい草地などに群生する多年草。

[3477]登録No. spr-601 (2003/5/12)
ヘビイチゴ(蛇苺)
[お気に入り追加][変更]
バラ科。道端や田んぼのあぜ道、草地など日当たりのよいところに普通に生える多年草。葉は苺の葉をちょっと小さくした感じ。

[4349]登録No. spr-598 (2003/5/12)
カキドオシ(垣通)
[お気に入り追加][変更] 薬草
シソ科。日本全国の道端や畑地に普通に生える多年草。2cmほどの淡い紫色の花を無数に付ける。

[3717]登録No. spr-593 (2003/5/12)
セントウソウ(仙洞草)
[お気に入り追加][変更]
セリ科。山地の林の下など日陰に生える高さ10〜30cmの多年草。名前の由来は不明。

[3961]登録No. spr-595 (2003/5/12)
オドリコソウ(踊り子草)
[お気に入り追加][変更]
シソ科。日本全国に分布する多年草で、山麓や道端の日陰でやや湿ったところに群生。花の形が傘をかぶった踊子を連想させる。

[4825]登録No. spr-592 (2003/5/12)
ムラサキケマン(紫華鬘)
[お気に入り追加][変更]
ケシ科。日本全国の山野の日陰でやや湿ったところに生える越年草。華鬘というのはお寺の欄間などに使われる装飾具のこと。

[1590]登録No. spr-583 (2003/5/12)
スズメノヤリ(雀の槍)
[お気に入り追加][変更]
イグサ科。道端や芝生、草地などに生える高さ10〜30cmほどの多年生の雑草。茎の先に小さな花が集まった花頭をつける。

[2858] (2003/5/12)
アカカタバミ(赤傍食)
[お気に入り追加][変更]
カタバミ科。カタバミとの違いは、葉が赤褐色でカタバミよりも葉が少し小さいこと、花の中心部に赤い輪があること。

[3404]登録No. spr-570 (2003/5/12)
カタバミ(傍食)
[お気に入り追加][変更]
カタバミ科。道ばたや草地などに普通に生える多年生の雑草。葉が昼は開き、夜になると閉じる就眠運動を行う。

[5412]登録No. spr-565 (2003/5/12)
ハナニラ (花韮)
[お気に入り追加][変更]
ユリ科。アルゼンチン産の球根植物。別名セイヨウアマナ。葉に傷をつけるとニラのような臭いがする。

[6202]登録No. spr-554 (2003/5/12)
キュウリグサ(胡瓜草)
[お気に入り追加][変更]
ムラサキ科。道ばたや草地に普通に生える一年草。花は非常に小さくて2〜3ミリほど。

[3000]登録No. spr-480 (2003/5/12)
カタクリ (片栗)
[お気に入り追加][変更]
ユリ科。山地に自生する多年草。薄紫色の斑が入った2枚の葉の間から細い茎を伸ばし、きれいな薄紫の花を咲かせる。

[2834]登録No. spr-466 (2003/5/12)
シュンラン(春蘭)
[お気に入り追加][変更]
ラン科。日本原産のラン科の植物で、里に近い山の斜面や川沿いに自生している。

<<前の16件| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 次の16件>> 前のページへ戻る
カテゴリー