新着お気に入り人気の花名称不明の花
詳細検索
カテゴリー
秋の草花(9月〜11月)
  ●野原・公園など  ●川辺・湿地など  ●海辺  ●山地

データ 1 - 16 (全109件)
1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 次の16件>>
[1143]登録No. aut293 (2011/9/13)
クズ(葛)
[お気に入り追加][変更] 食用薬草
マメ科。蔓性の多年草で荒れ地や藪などいたるところに繁茂。かつては利用価値があったが、現在は厄介者だ。秋の七草のひとつ。

[1082]登録No. aut_302 (2011/9/13)
キバナコスモス(黄花コスモス)
[お気に入り追加][変更]
キク科。メキシコ原産で大正の初め頃に観賞用として輸入された。多くは鉢植えやプランター用として販売されている。

[953]登録No. aut_297 (2011/9/13)
コスモス(秋桜)
[お気に入り追加][変更]
キク科。正式名称オオハルシャギク(大春車菊)。「コスモス」はコスモス属の総称で、普通コスモスと言えばこの花をさす。

[676]登録No. sum_1214 (2011/6/28)
ツルナ(蔓菜)
[お気に入り追加][変更] 食用薬草
ツルナ科。海岸の砂地に自生。熱帯から温帯まで太平洋沿岸に広く分布。胃の薬や食用として、畑などでも栽培されていた。

[848]登録No. sum_1160 (2011/6/14)
コマツヨイグサ(小待宵草)
[お気に入り追加][変更]
アカバナ科。北アメリカ原産の帰化植物。海岸近くの砂地や荒れ地に繁殖。夕方、2〜3cmの黄色い花を開き、朝には萎む。

[1086]登録No. sum_1147 (2011/6/13)
ツユクサ(露草)
[お気に入り追加][変更]
ツユクサ科。世界中に広く分布する雑草。高さ15〜30cmで、茎は地面を這い群生する。花期は6〜10月、独特な青い花を付ける。

[3501]登録No. aut-279 (2002/10/21)
ホオズキの実
[お気に入り追加][変更] 薬草
ナス科。東アジア原産、高さ60〜80cmの多年草。昔から観賞用や漢方薬として栽培されてきた。

[3246]登録No. aut-266 (2002/10/21)
ノブドウ
[お気に入り追加][変更]
ブドウ科。野や山に普通に生える落葉、つる性植物。実は6〜8ミリ、色は緑、紫、紺とカラフルで多数つけるが食べられない。

[3406]登録No. aut-260 (2002/10/21)
オクトリカブト
[お気に入り追加][変更] 毒草
キンポウゲ科。山野の林や渓流沿いなどの湿った場所に多く、高さは0.6〜2メートル。猛烈な毒草。

[1993]登録No. aut-278 (2002/10/21)
キクバヤマボクチ
[お気に入り追加][変更]
キク科。山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉が菊の葉に似て火口(ほくち=火打石の火種取り)に利用したことからこう呼ばれるようになった。

[2062]登録No. aut-275 (2002/10/21)
ナルコユリの実
[お気に入り追加][変更]
ユリ科。 山地の林下に生える多年草。花柄は枝分れし,その先に緑白色の長さ2cmくらいの筒状の花を2 〜5個つける。

[2171]登録No. aut-271 (2002/10/21)
サボンソウ?
[お気に入り追加][変更] 不明
花はほんのり淡いピンクで直径2〜3cm。ガクは暗赤紫色で長い。高さ50〜70cmで細長くちょっとねじれた葉が対生している。調査中。

[1825]登録No. aut-269 (2002/10/21)
名称不明
[お気に入り追加][変更] 不明
2002年9月19日、山形県の蔵王で撮影。花が終わった後かもしれない。調査中。

[1638]登録No. aut-267 (2002/10/21)
ツルドクダミ?
[お気に入り追加][変更] 不明
蔓状で、ヤマノイモの種を小さくしたような、4〜5ミリの三角に組み合わさったスイバのような花(種?)をつける。調査中。

[2715]登録No. aut-223 (2002/10/21)
サラシナショウマ
[お気に入り追加][変更]
キンポウゲ科。林床や草原などに見られる多年草。高さ1.5メートルほどで、白いブラシのような花穂をつける。

[3218]登録No. aut-263 (2002/10/21)
クサノオウ
[お気に入り追加][変更] 不明
ケシ科。日当たりのよい草地などに普通に咲いている。薬草としても知られている。

1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 次の16件>> 前のページへ戻る
カテゴリー